今大人気・話題沸騰中のダイエットブログランキングがわかります。(日々更新されてます)

2007年10月09日

ダイエットを実施するうえでの食事の注意点(2)

ダイエットを実施するうえでの食事の注意点(2)

4あたたかいご飯がダイエットに効果?

食べるタイミングと共にもうひとつ大切なのがご飯の温度です。ホカホ

カ、アツアツのご飯を食べるように心がけましょう。温かいご飯はダイ

エット効果を高める作用があります。

口のなかに温かいものを入れると、温度刺激により自律神経の働きが高

まります。これにより、食後のエネルギー代謝が高まり、エネルギーが

体温として効率的に消費できるようになるります




5フルーツの効果?

フルーツに含まれる果糖は、脂肪細胞の主成分である中性脂肪になりや

すい物質ですが、ビタミンや食物繊維も豊富な優れた食品です。糖質を

たっぷりとれば、体脂肪の蓄積を促進するホルモンであるインシュリン

の分泌が活発になります。


朝にフルーツを食べればエネルギーとして消費されやすく、脂肪細胞を

太らせずにすみます。逆に夜フルーツを食べれば、脂肪細胞は太りやす

くなります。食後の活動時間が少なければそれだけ体脂肪になる確率も

高まります。ただし少量であれば食後のデザートとして食べても問題無

いでしょ。


以前りんごダイエットって流行りませんでしたか?

知り合いの女性は、りんごを食べ過ぎてほっぺたが赤くなってました。

すみません。ちょっと冗談です。ふらふら

食べるフルーツの中でもりんごは肥満防止に効果的です。

りんごに含まれるペクチンという上質の食物繊維には腸の動きを活発に

し、便秘を予防、解消したり、いろいろな要素から栄養分の吸収を抑え

る作用があるので脂肪が脂肪細胞に取り込まれる率も低くなり太りにく

くなります。

■オススメ

豆乳ダイエット計画

「豆乳ダイエット計画」は、“大豆ひとすじ50年” のソヤファーム株式会社から発売されたばかりのダイエットクッキーです。
注目の新健康成分β-コングリシニンが配合されていて、卵・小麦粉はいっさい使われていません。
1食分(10枚)わずか137kcalなのにおからとチアシードで満腹感・満足感があります。
発売からわずか10日間で36000食も販売した話題の商品です。
是非、今話題のダイエトクッキーでお気軽ダイエットに挑戦して見ませんか?



posted by ダイエットマニア at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエットマニュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
検索ボックス
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。