今大人気・話題沸騰中のダイエットブログランキングがわかります。(日々更新されてます)

2007年10月26日

ダンベルを使ったお気軽エクササイズ

わーい(嬉しい顔)ダンベルを使ったダイエット方法わーい(嬉しい顔)


1ダンベル体操

ダンベル体操は約15分間で確実に体脂肪を減らす効果があります。

運動中に体脂肪を減らすのが目的ではなく、筋肉を鍛えて基礎代謝を高

めることで普段から脂肪を燃焼しやすい体作りを目指しましょう。


ダンベル体操には筋肉の量を増やすレジスタンス効果と筋肉のエネル

ギー代謝活性を高めるエアロビック効果が備わっています。これにより

効率的に体脂肪を減らすことが可能になるのです。ダンベル体操で体作

りをしてから有酸素運動を組み合わせていくのが体脂肪対策としては理

想的です。



2緩やかにはじめましょう

ダンベル体操の目的は太らない体へ改善することです。脂肪の主な燃焼

場所である筋肉を鍛えることで脂肪の燃えやすい体、つまり基礎代謝の

高い体づくりを目指しているのです。


運動を続けると基礎代謝は緩やかなカーブを描きながら上昇していきま

す。毎日15分の体操を続け、バランスのよい食事をとっていけば、初

めの数ヶ月は目に見えた変化がなくてもちゃんと中身は変わっていきま

す。徐々に筋肉が強化され、基礎代謝が高まっていけば、座っているだ

けでも脂肪をたっぷり燃焼できる体になれるのです。




3無理をせず長続き

日頃運動していなかったり、体が硬いと感じている人は、ダンベル体操

をする前にストレッチ体操から始めてみましょう。準備体操として数回

ずつ行い、筋肉や関節をほぐします。また、体操の合い間や体操後に取

り入れても結構です。


ダンベル体操は自分に合った軽量のダンベルを使うので毎日続けられま

す。続けていけば、筋力は着実に鍛えられ、基礎代謝量は自然と高まっ

ていきます。筋肉を鍛えなければ体はどんどん老化していきます。筋肉

は一生鍛え続けるべきものだとも言われています。


きつい筋トレをした場合は筋繊維に損傷が起き、修復するのに48時間

以上かかるので毎日行わない方がいいとされています。腰や膝に故障の

ある人や、脚の不自由な人には、腰を掛けて行うダンベル体操もありま

す。最初から無理をしすぎないことが長く続けるコツです。




4時間を有効に活用してダイエット

ダンベルを使ったダイエットを紹介させていただきましたが、日々、忙

しいとなかなか長続きしないと思います。

基礎代謝の向上と効率的なカロリー消費を効率よく行う方法を紹介しま

す。


パワーヨガとダンベル体操の組み合わせになりますが、パワーヨガと

いっても仰々しいものではありません。

お風呂に入る前に、熱湯をシャワーでお風呂に流します。すると、風呂

場の湿度が70%ぐらいになってきます。(白く湯気が立ち込めるくら

い)

その中で、ダンベル体操をしていきます。

湯船に使った状態でも簡単に実施できるます。

湿度が高いので、新陳代謝が低く、汗をかきにくい方でも汗が出てきま

す。これを10分〜15分毎日行えば、体質改善、基礎代謝Upの両方

できます。注:あまり無理をすると、脱水症状になることがありますの

で、水分補給には注意してください。


ひらめきこれ超オススメです。ひらめき

今、お風呂で使えるお手軽ダンベルを紹介します。私も実践しました

が、安く手に入り普通の鉄のダンベルのように、錆びてくる心配もあり

ません。


余裕があれば、是非、試してみてください。

【お風呂でダンベル】

ダンベル.jpgいつだって、女性は二の腕やお腹のたるみが気になるものです。でも仕事や家庭で忙しい方は運動する暇がありません。そんな声にお応えしたのがこの、お風呂で「シェイプダンベル」です。 
シェイプダン ベルは浮力を利用して筋肉を鍛えます。通常のダンベル運動とは違  い、下げる時に筋肉を使うので、腕・二の腕・腹筋を一度に鍛えられ ます。また、発汗効果もあり、引き締まった筋肉も作れます。これか らはお風呂で気軽にシェイプアップです。

 【価格】1,050円(税込み)

商品を見てみる





posted by ダイエットマニア at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | エクササイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

正しいウォーキング

ウォーキングを実行してみませんか?わーい(嬉しい顔)

と、唐突に投げかけて見ましたが、そんなの忙しいから出来ないよって

声も聞こえてきます。

「気合を入れて、明日からするぞ」と意気込んでも、大半は3日坊主がく〜(落胆した顔)

でも、貴方は全然歩いていませんか?・・・・そうですよね。通勤やお買

い物など歩く場面って普通に日々していますよね。

この、当たり前の時間を利用して、ダイエットに励んでみたらどうです

か?

実際に、ウォーキングの正しい仕方を紹介しますので、日ごろから意識

して歩いてみましょう。


1生活の中で有酸素運動

有酸素運動は心肺機能(持続力)を高める運動で、酸素を使って脂肪を

燃やすのがウォーキングです。

運動の強さは、少し息がはずむ程度、通勤などでは、少しいつもより早

く歩く程度でいいと思います。

そのときは、なるべく背筋をピンと伸ばし、正しい姿勢で歩くように心

がけましょう。


ウォーキングは、1回10分を1日3回やっても、1回30分を1日1

回やっても、運動内容としては同じです。

慣れてきたらだんだん時間を増やしていくとよいでしょう。

日常生活の中でも、エスカレ−ター・エレベーターやバス・電車などを

使わず、なるべく歩いて生活の中の有酸素運動を増やして行きましょ

う。



2 ウォーキングのコツ

ゆっくりと歩いては効果が出ません。てきぱき!!シャキッっと歩きま

しょう。くつくつくつ

ひらめきコツ

1. 歩幅は少し広め
2. 腕を張り、背筋をのばす
3. 手は軽く握る(手の中に卵を持っている感じ)
4. ひじは軽く曲げる
5. 会話ができる程度の強さ・速さで歩く


実施する前は、必ずストレッチを忘れずに。通勤などでは、徐々にペー

スアップしていくことを心がけましょう。


posted by ダイエットマニア at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | エクササイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

簡単エクササイズ Prt2

簡単エクササイズ Prt2

1柔軟運動

ストレッチは運動前にはウォ−ミングアップとして、運動の後には運動

中にたまった筋肉のはりをほぐしリラックスさせてくれます。また、運

動の後にストレッチおこなうことによって、運動中にたまった筋肉中の

乳酸(疲労の原因)を取り除いて筋肉痛を防ぐ効果が望めます。


筋ストレッチで重要なポイントは、以下の通りです。

1. 楽な姿勢で
2. 反動をつけずに
3. 伸ばされている筋肉を意識しながら
4. 呼吸は自然に
5. 心地よく、笑顔で


自分の柔軟性に応じて無理せずやっていきましょう。



2背筋ストレッチ

背骨を支える筋肉が衰えると姿勢が崩れ、腰痛が起こる原因にもなりま

す。背筋を伸ばしやすくするストレッチで筋肉を無理なく柔軟にしてい

き、無駄な贅肉をつけないようにしましょう。


1. 腰を後にまわし、両手の親指と人差し指で腰のあたりに逆三角形を作ります。
2. そのまま両肘を前後にパタパタと10〜20回、肩がほぐれるまで動かします。



立っても座ったままでもどちらでも結構です。毎日続けることで筋肉が

柔軟になっていきます。



3腕の内側を伸ばす

両手を使って腕の内側を伸ばす運動です。

1. 左手を下に向け前方に水平に伸ばし、手の平を自分に向けた状態で手首を下方向に倒します。
2. 右手で指先を手前に引きつけ、ひじから先を伸ばします。
3. 腕の内側が伸びているのがわかります。
4. 次に手の平を向こう側に向けて手首を下方向に倒し、右手で手前に引きつけ、ひじから先を伸ばします。
5. 腕の内側が伸びているのがわかります。
6. 左右の手を換えて、交互に2〜3セットします。


ストレッチをする前は、必ず筋や筋肉をほぐしてから、実施してくださ

いね。
posted by ダイエットマニア at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | エクササイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

簡単エクササイズ

ダイエットに欠かせない簡単エクササイズ


1基本エクササイズ

3つのポイントが入っている基本のエクササイズです。呼吸を止めない

ように注意します。


1. 壁際に座り、足の裏を軽く合わせ、息を吐きながら上体の力を抜き切

ります。太股のつけ根から上体を前に倒す感じです。両足は少し曲げた

状態です。


2. 丹田に力を入れ、腰を立てていきます。 背骨を下から積み上げてい

くようイメージしながらゆっくりと上体を起こします。息は自然呼吸で

す。


3. 頭が壁につくまでしっかり上体を起こしたら、天井から糸でひっぱら

れている気持ちで息を吸いながら背筋を垂直に伸ばします。


4. 息を吐きながら、頭の重みを利用して、今度は背骨を上から下にひと

つずつ落としていくようにゆっくり上体を倒しながら、1)の姿勢に戻

ります。





2家で簡単に出来るいすを使った筋力アップ

椅子を使って簡単な筋力アップの方法からやってみましょう。それぞれ

どの場所の筋肉をアップするのかを意識しながらすることがポイントに

なります。


わーい(嬉しい顔)太ももの前の筋肉わーい(嬉しい顔)

右の足の膝を椅子にのせ、つま先を右手で後の腰に引き寄せ5回呼吸す

る。次に左足で同様にする。


わーい(嬉しい顔)太ももの後ろの筋肉わーい(嬉しい顔)

椅子に浅く腰かけ、両手は腰に手をかけ、左足は曲げ右足はぐっと前方

へ伸ばす。伸ばした足のかかとは床につけ、つま先は天井へ向ける。次

に右足を曲げ左足を同様に伸ばす。


わーい(嬉しい顔)上半身の筋肉わーい(嬉しい顔)

椅子に腰掛け、左手は膝に上におき、右手を天井に向けて高く上げる。

次は右手を膝におき、同様に左手を上げる。無理せずに、自分に合った

方法で脂肪を落とし、筋力をつけていきましょう。続きを読む(簡単座ってストレッチ)
posted by ダイエットマニア at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | エクササイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索ボックス
 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。